~分析~ 半年間調べてわかった、この世の中の 必勝法 

この記事はよくあるネットで一億稼いだ。とかそういう類のものではない。

 

この世の中で 成功 するということについて

 

いろんな人がいろんな方法で成功について語ってるし、自己啓発本なんかにはそういった類の本がゴミのようにあふれている。

 

実際、成功するというのは

どういうことなのだろうかと考えた。

成功 について話題が上がったときに紹介されていた本を読んだり、動画を見たりしていると

 

あれ、なんか、前にも同じこと聞いたな。

なんだよ、結局それかよ

 

みたいな感じでだいたいの人がおんなじことを言っていた。

 

つまり 実際、成功するためにやることは同じなのだ。

ここで ああ、また同じか。と思う人が多いと思う。

でもちょっと止まって視点を変えてみてほしい。

 

つまり、この世の中で成功するための必勝法があるということだ。

 

「このゲームには必勝法がある ライアーゲーム」の画像検索結果

 

 

その必勝法をどう自分の分野に活用するかはあなた次第なのでお任せするとして、その必要条件についてこれから解説していこうと思う。

 

成功のために必要なツールとしては

時間、自分の好きなこと

この2つが必要である。

そしてこの二つを生かすために欠かせないのが

分析

である。

これらを駆使してこの世の中というバトルフィールドを戦っていくことになる。

 

時間について

時間とは成功するために必要なコミットメントの時間だ。

これはだいたい 1万時間 が必要といわれている。

それ以上でもそれ以下でもない。世の中でよく言われる「才能」がある、ないに関わらずだ。

 

この時間さえあれば一つのことを続けていれば一人前になる。

ということである。

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/4175BCL68%2BL._SL75_.jpg

 

自分の好きなこと

ここでいう自分の好きなこととは世間でよく言われる 才能 と似ている。

しかし才能というワードが持つ思考停止能力がハンパないのと少しニュアンスが違うので使わない。

「大迫半端ないtシャツ」の画像検索結果

 

 

 

自分の好きなこととは

時間をかけても続けられること

である。

どうしても好きでないことや興味のないことには自分の時間を使うということが難しいし、それを持続してやり続けることは厳しい。

 

 

例として学生時代の部活がわかりやすいであろう。

サッカー部に入ってサッカーをやっていたとする。そこでうまい人というのは身体能力よりもどれだけ練習したかによる

そのモチベーションが負けたくないとか試合に出たいから来るものか、サッカーが好きだからかはさておき。

実際、一回それで成功体験を積むとそれが好きになりボールを触る以外にも試合を見たりなど、どんなことであれ余計に時間をかけるようになる。

そうしてどんどん時間がたまっていき一万時間に近い人がプロとかのレベルになる。

逆に子供の時とかの身体能力とか運動神経の良さで最初からレギュラーとかになる人はこんなもんかとたかをくくってそれに時間をかけない。やがて今まではそういった能力で勝てていたチームメイトに負けるときがやってくる。

そういった場合たいていのやつはそれを認めるのが嫌でそこから逃げるようになり余計時間を使わなくなる。

もちろんそこから努力をしなおす人もいると思うが、そのモチベーションが負けたくないというような外発的な動機になることが多く長く続かない。

そしてそのゲームから去って行くのだ。

 

 

というように

自分の好きなこと=内発的動機

を継続させ、1万時間費やす

これがその道で成功するために必要なのだ。

 

ではなぜこれが多くの人ができないのかというと

分析が足りないからだ。

どういう分析かというと

自分の好きなことを見つける(内的)分析

その分野を続けられる環境を見つける(外的)分析

である。

 


島田紳助 めっちゃ勉強になる!「神竜の研究」で芸能界の処世術を伝授!

 

016:僕にとって100万円の価値のある動画 | 企画道

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51RtfvX0kJL._SL75_.jpg

 

この三つともに自分は分析を半年以上はした。といっている。

分析ってたぶんめっちゃ地道だし、人分野によって違う、どうやってやるのかわからない、分析についての手法について書かれた本もすくないのでなんとなくスルーしている人が多いと思う。

 

しかしこの人らみんなその分野の商品(お笑い音声や松下電器の商品、広告)をいちいち書いたりエクセルに落としたりして分析している。

 

この作業が一番重要なのではないかと僕は思う。

この人らは戦うと決めた(内的)分野の戦場にどういったお客さんやライバルがいるか(外的)を徹底的に分析している。

 

この分析こそが最大の必勝法であるとおもう。

しかしこの三人とも外的因子の分析は行っているが内的因子の分析は行っていない。

いや三人でなくても内的因子については 才能 や 運 といった言葉でかたづけて思考停止している。

この内的因子をうまく働ける環境にたまたまいた人が成功するという世の中が現在の世の中だと思う。

そこを勘違いしてあの人は天才だからとか才能が~とかいってあきらめているのだと思う。

実際成功している人はめちゃめちゃ努力してるから才能もくそもない。

 

この内的分析のためのツールがいままだよくわからないので早く出現することを祈る。

(慶応の眼科の教授がなんか自己分析のことについて言ってた気がするけど)

 

ということで、よくある 好きなことをやれ だとか 続けろ とかはほかの本とかにまかしてこの

分析

が重要

ということを主張しておこうと思う。

 

だれかこの辺研究してないかなーw

 

参考文献

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51rdMZDAKJL._SL75_.jpg

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51VtDFjmZdL._SL75_.jpg

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51tGUot21nL._SL75_.jpg